日本海の竹島に花が舞う

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

10051140761.gif

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島国有化で日本製ボイコット、8割の中国人が「賛成、同調」

senkaku.gif

サーチナ 9月19日(水)9時0分配信

中国で行われたインターネット調査で、日本政府が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を購入したことについて、もしこれを機に中国で日本製品不買運動が起きたら、中国消費者の5割近くが「賛成、不買運動に同調する」と回答し、「ある程度賛成、不買運動の一部に参加する」が30%前後となり、両者の合計が8割近くに達したことが明らかになった。

***********************************
支那国において富裕層・準富裕層(年収で150万円以上)が全国民(戸籍に登記されている)の3%程度といわれている。
今回のデモ・暴徒によって自家用車を破壊された者、襲撃を受けた日本企業に働き一定の収入を得ている者等の多くと思われる。

逆の見方をすれば、上記ニュースにある「日本製品不買運動が起きたら、不買運動に同調する」80%は、そもそも日本製品なんて購入できる層ではない。
彼らが「不買する対象商品」の大多数は、支那人が経営する日本食飲食店や日本製商品の模倣品。
買えない奴らに「不買運動」されるのは大いに結構!

CHINA FREE CAMPAIGN

中国各地で反日デモ予告 柳条湖事件から81年

senkaku.gif

テレビ朝日系(ANN) 9月18日(火)7時22分配信

尖閣諸島の国有化に反対する反日デモが続く中国では、満州事変のきっかけとなった事件が起きた18日も、各地で大規模なデモが予告されています。

*************************
反日デモが激化している。
今日9/18は、満州事変のきっかけとなった柳条湖事件から81年。
支那人からすると“国恥の日”らしい。(恥という感性があったんだ・・・)

このデモ、暴徒・略奪・放火・日本人襲撃と激化しているとも報道されている。

しかし、日本国内では未だに支那人が普通に生活している。その大半は不法滞在らしい。

そして、その不法滞在支那人は日本国内においても傍若無人な犯罪を続けている。
支那人は合法入国者の超過滞在、偽名・偽造パスポートの使用、日本人のパスポート「なりすまし入国」、さらには偽装結婚・偽装残留孤児等ありとあらゆる手段を使って年々増加している。

そしてその者たちは、日本国内で違法な犯罪を繰り返しているのです。

私はこの状況に対し明確に「否」と表明します。
日本の社会秩序を守る為に不法滞在支那人の排除は、ひとりひとりの日本人が喫緊に取り組んでいかなければならないと思う。

隣国内での暴徒も危機的状況ではありますが、この日本及び日本人の暮らしも既に危機的状況に向かっているのです。

日本国内の治安維持の為に日本から不法滞在支那人の排除をしよう!

GetOut_BadChinese.gif

琉球も釣魚島も日本領ではない 国際法が証明(1)=中国報道

senkaku.gif

サーチナ 9月15日(土)13時52分配信

中国網日本語版(チャイナネット)は14日、日中の尖閣諸島(中国名:釣魚島)を巡る争いが激化しているが、国際法から論じれば、尖閣諸島は日本領でないばかりか、沖縄でさえ日本の領土ではないと主張する記事を掲載した。

***********************************
これが、支那のやり口、いや、支那及び朝鮮のやり口だ。

支那は尖閣諸島に続いて、沖縄諸島と言いだした。
騒げばどうにかなると思っている。
実際、ベトナムはこの方法でやられて、4島も取られた。

朝鮮は、竹島に続いて、対馬も竹島内に「対馬は我が領土」のような碑を建ててるそうな。

実際に支離滅裂で全くもって反論する気にもならないが、これが支那のやり方ということは知っておきたい。

そもそも尖閣諸島も日清戦争~世界大戦~日本の敗戦~アメリカによる占領・・・この間は一切何も言っていない。
ましては、アメリカ占領中は爆撃練習場となっていた尖閣諸島。

資源発見の噂が出た瞬間に騒ぎだしている。

奴らは人数が多く・人権を考慮しない国だから、日本人では考えられない攻撃も有りえる。
だからこそ今、確実に叩きのめさないといけない!

CHINA FREE CAMPAIGN

邦人男性、殴られ負傷=大使館「タクシーに注意」―中国

senkaku.gif

時事通信 9月13日(木)21時51分配信

【北京時事】北京の日本大使館によると、中国上海市で12日夜、邦人男性が外出中に、中国人とみられる男から突然、声を掛けられ、殴られた。日本人だと分かったため殴られたとみられ、男性は負傷して病院で治療を受けた。日本政府による尖閣諸島国有化を受け、日本人が街角や酒場でからまれるケースが北京や上海などで相次いでおり、大使館は13日、在留邦人に注意喚起する通知を出した。
 大使館はこのほか、日本人がタクシーの乗車拒否に遭うなどのトラブルも多発していることから、「できる限り1人でタクシーに乗車しない」よう要請。また、1人での夜間外出を控え、昼間でも日本語で大声で話さないよう促した。 

************************************
この時期に遊び・観光で行ったのなら自業自得。

国をあげて「反日」をしているのだから、殴った奴は決して警察に捕まらないし、わかったとしても“近所では英雄”になってしまうんだろうな。

以前は「レアアースの不売」や「現地日本人の不当逮捕」等を行ってきたが、今回の様相はさらに図に乗ってきている感がする。
最近のRecord Chinaが配信するニュースタイトルを見ても(9/13配信分から)。。。
 東シナ海地政の駆け引きを反映、日本が緊張高める元凶に―SP華字紙
 日中友好は完全に崩壊し、大きな軋轢の時代に突入―中国紙
 「日中対立は日本に責任」と中国外交部=交流中断のさらなる拡大を示唆―中国
 胡錦濤ら政治局常務委員4人が相次ぎ日本批判、香港紙は異例の事態と指摘―中国
 死屍累々でもおかしくなかった、日本の挑発に理性的に応じてきた中国


戦争を決して美化したくもないし、正しい選択肢とも思っていない。
しかし、1億2000万人の日本人が住む日本という国に対して、隣国からここまでの兆発や前述した暴行事件を起こされても我慢をしなければならないのか?

日本人は、自国民の生活が少しでも豊かになるために
 先人たちは、先の戦争で命を投げ出して国を守り
 現代人は、汗を流して働き、税金を納め、未来の日本を守っている

今、この期に主権を侵されて、騙されて、恫喝され相手にひれ伏すならば、未来の日本人にどれだけ重く・辛い歴史を背負わすことになるんだろうか?
そして、今を生きる日本人はその責任を未来の日本人に果たせるのだろうか?

本気で戦わねばならない時が来ている。

CHINA FREE CAMPAIGN

<尖閣問題>日中友好は完全に崩壊し、大きな軋轢の時代に突入―中国紙

senkaku.gif

Record China 9月13日(木)7時32分配信

(一部抜粋)
11日、尖閣の所有者と日本政府の間に売買契約が成立し、まさしく日中関係の“9・11”となった。70年代の国交正常化以来40年間、無数の風雪に耐えてきた友好関係は、これで完全に崩壊した。両国が再び敵視し合う民族となることは避けがたく、日中関係は大きな軋轢の時期に突入せざるを得ないだろう。

日本は中国の“代々の仇”であり、衰退の過程に入りつつある先進国である。両国の力関係には現在、歴史的転換が起こりつつある。両国の関係がこれ以上悪化しても、中国は自国の利益を損なわない十分な準備が整っているはずである。

日本は米国の同盟国であるが、日中友好がかつて日米同盟を揺さぶったことはないかわりに、中国にとっての政治的意義も大きくはない。経済面でも、日本の対中依存度は中国の対日依存度を上回っており、政治的対立が中国経済に与える損失も限られている。軍事面では、中国は核保有国であり、日本に対し抑止力を維持している。当然、日本が米国の容認の下で新たに軍事強化し、核武装する可能性はある。ただし、例えそうであったとしても、中国に及ぼす脅威には限度がある。中国には多くの対抗手段を持っているし、周辺諸国も日本の軍拡を牽制するはずである。

日本の中国に対する態度と、米国やロシアに対する態度を比較すると、日本は弱い者には強気で、強い者には弱腰の国家であることを示している。中国の力量に畏敬の念を抱けば、日本も初めて中国との外交姿勢を真剣に変化させるだろう。その時が日中友好の新たなスタートとなるかもしれない。ただし、このプロセスが順調に進んだ場合でも、約30年の年月が必要だろう。


************************************
支那の新聞なのでこんなものだろうけど、残念ながら指摘通り「日本は弱い者には強気で、強い者には弱腰の国家である」

日本が支那に行ってきた戦後処理は
<Wikipediaより、一部加筆・修正>
日本と支那との国交正常化は、1972年に周恩来と田中角栄の手により実現した。
同年9月29日、日本と支那とが日中共同声明を発表。
支那側は共同声明で賠償放棄を宣言、代わりに「隣国として助け合うこと」・「過去の過ちと反省」などの理由から日本は支那の発展のため、政府開発援助(ODA)を実施することを約束し戦後処理が決着した。
また日本は日華平和条約の終了を宣言する。

1978年8月12日には、日本と支那が日中平和友好条約を締結。
日中間の賠償は放棄し、支那は日本から経済援助を受ける。
日本が1979年から支那に対し行ってきたODA総額は、現在までに3兆円を超え、現在も年間10億円の資金が支那に援助されている。

****************************
ここまでされながらも2009年時点でもODAは続いており、上記データからさらに増え円借款で3兆3164億円、無償 資金協力は1,543億円、技術協力は1,704億円となっている(外務省データ)

馬鹿にされている。
何故にへこへこと財政難が続く日本から支那へ金が流れるのか?!
相手は、「代々の仇」「衰退の過程に入りつつある先進国」と認識している国だぞ!

本気で怒ろう!
馬鹿にするな!
China1_a.gif


日本の政治家はこの傲慢な民族を打ちのめす志があるものがなって欲しい!

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。