日本海の竹島に花が舞う

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

10051140761.gif

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私の戦争犯罪-朝鮮人強制連行】(発行:三一書房/著者:吉田清治)を読んで①


takeshima.gif

【私の戦争犯罪-朝鮮人強制連行】を読みました。。。

あの「慰安婦騒動」の発端となった本です
確かにこの本が1983年に世に出て、1991年から朝日新聞が従軍慰安婦強制連行に関する一大キャンペーンを行えば、日本人に自虐史観を十分に植え付けることができたでしょう

ご存じの通り、この本は小説であり著者の吉田清治も「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」などと言って、「フィクション」だったと認めてます
合わせて、当時千葉大の教授が強制連行が行われたという地で聞き取り調査等をしたところ、全くのデタラメということが証明されました

日本では終戦後、GHQ占領軍から慰安婦55000人供出を要請されたり、朝鮮戦争やベトナム戦争の時でも慰安婦は存在しました
戦時下という理由で見境無く非人道的なことが行われていたのは事実です

但し、強制的に連行したという事実・証言・証拠は今だ出て来ておらず、他のサイトからの引用ですがこんな証言もあったそうです

*****我が子に伝える誇りある近代史より引用しました************
平成3年(1991年)8月に元慰安婦、金学順(個人)さんが名乗り上げ、「従軍慰安婦裁判」の第1号原告となった。
金学順さんの裁判資料を見てみよう。

1923年中国東北(満州)の吉林省に生まれたが、生後まもなく父が死亡したので平壌(ピョンヤン)へ戻った。母は家政婦などをしていたが、貧困のため学順は小学校を4年で中退、金泰元の養女となり、14歳からキーセン(妓生)学校に通った。
1939年、「金儲けが出来る」と説得され、養父に連れられ中国へ渡った。北京を経て鉄壁鎮という小集落で養父と別れて慰安所へ入れられ、日本軍兵士のための性サービスを強要された。
軍医の検診があった。
同じ年の秋、知り合った朝鮮人商人(趙某)に頼んで脱出し、各地を転々としたのち、上海で夫婦になった。
フランス租界で中国人相手の質屋をしながら生活、二人の子を得て終戦の翌年、韓国へ帰った。
朝鮮戦争中に夫は事故死、子供も病死し、韓国中を転々としながら酒、たばこも飲むような生活を送った。
身よりのない現在は政府から生活保護を受けている。
人生の不幸は、軍隊慰安婦を強いられたことから始まった。日本政府は悪かったと認め、謝罪すべきである。(『諸君』1996.12「慰安婦『身の上話』を徹底検証する」秦郁彦著)

実に不幸な人生である。
同情する。
しかし内容について、いったいどこに問題の強制連行があったのか、何に対して日本政府が謝罪するのかという疑問を持ってしまうのではないか。

********************************************************
このサイト内にも書かれていますが。。。
 ★軍による強制連行だったかどうかは不明確
 ★両親が離婚し母親が伯父に預けて、その伯父が彼女を業者に売った
 ★その業者が連れて行った
 ⇒だから、日本政府は悪かったと認め謝罪せよ!ってどうゆうこっちゃ?

ちなみに前述した本の著者吉田清治は、長崎刑務所に昭和15年から2年間服役しており、本誌内の本人の肩書きである労務報国会の動員部長には前科者は就任できないとのこと

さらに・・・戦後は下関市の市会議員に共産党から立候補しているらしい(落選したが)


「慰安婦問題」という反日プロパガンダのための格好のアイテムを日本の朝日新聞及び戦時中自称労務報国会の動員部長から手に入れた
日韓基本条約締結時には韓国側の言及は無く、慰安婦問題は含まれていない

日本政府は(当然朝鮮側も)、ここまで判っていて何故日本大使館前に銅像が立てられ、賠償だの謝罪だの言われなければならないのか!

先人たちは、先の戦争で命を投げ出してまで国を守り
現代日本人は、汗を流して働き、税金を納め、未来の日本を守っている

しかし、このままだと我々の子孫をレイプ犯国家の末裔に仕立てあげられてしまう

スポンサーサイト

【大東亜戦争と東京裁判】(発行:ハート出版/著者:吉本貞昭)を読んで①

fuji.gif

【大東亜戦争と東京裁判】を読んでいます。。。

本文より。。。

日本の歴史教科書では、この戦争について詳しい事情を知らない子供たちに対して、日本軍の不祥事ばかりをあげつらって、次のような曲論やウソ話を教えているのである。
(中略)
大東亜戦争の原因は、日露戦争以後の日本に対する西欧列強からの締めつけと米英ソの謀略にあったわけであるが、戦前と戦後の世界地図を比べると、終戦を境に、それまであった西欧列強の植民地体制が崩壊して旧植民地から新しく独立国家が誕生していることが分かる。

**********************************

日本の歴史教育は自虐史観とよく言われてます
昨今の領土に関する支那・朝鮮からの暴挙に対して日本政府の弱腰外交
これこそ正に自虐史観教育の結果ではないでしょうか?

先日、アメリカ大統領と会談をしていたアウン・サン・スー・チー
彼女は現在、ミャンマー民主化運動家として世界中から注目されています

ミャンマーは戦前まで英国の植民地でしたが、大東亜戦争で日本が英国を叩き出し、1943年8月1日にビルマという国名で独立しました
しかし、日本の敗戦により再び英国領に。。。
しかし、戦中の日本の援助によって育てられた独立義勇軍が残っていました
独立義勇軍を率いるアウン・サン将軍は立ち上がり、1948年ビルマ連邦社会主義共和国を樹立し完全独立しました

このアウン・サン将軍の娘がアウン・サン・スー・チーなのです

戦後、インドネシア、インド、パキスタン、フィリピン、ビルマ(現ミャンマー)、セイロン(現スリランカ)、マレーシア、ベトナム、ラオス、カンボジア等々、西欧の植民地から脱しました
民族独立運動はアフリカにも移り、独立国が次々と誕生しました

白人による有色人種差別支配からの独立は大東亜戦争がもたらした結果であり、堂々と胸を張るべきことなんです
決して、侵略戦争をしたと日本人が卑屈になることではないのです
「反省」「賠償」などという支那・朝鮮の恫喝に屈することなどあり得ないのです

日本人の先人たちは、西欧の国々に人種差別を止めさせ、アジアの人々に自由と自信をもたらしたという誇りを持ち続け未来に伝えていかなければならない

【支那人の日本侵略】(発行:日新報道/著者:金友隆幸)を読んで②

senkaku.gif

【支那人の日本侵略】を読みまして。。。

本文より。。。

支那人を「民度が低い」「遅れている」とだけ見るのは、極めて皮肉な視点である。
「支那人鮮人と同レベルになる」と言って恐れおののいてみせる者もいるが、それは自らがどう評価されるかのみを気にしている人間の言辞である。これだけ、支那人鮮人が攻撃一方の中にあっては、むしろ「支那人鮮人と同じレベルになれぬこと」をおそれなければならない。
支那人を見よ。
船のコンテナに入ってでも日本に密入国するのだ。
(中略)
だからこそ、「支那人と同じレベルになる」ことを恐れるよりも、「支那人と同じレベルになれぬ」ことを恐れるべきだろう。
日本だけが大人ぶって、紳士然として、粛々とした大人しいデモや、支那大使館への抗議文投函で、どうやって支那の脅威になるというのか。

************************************
同感です。
政府レベルの「本気度」が違う。。。

我々民間人が今やれることは、日本国内に居る「不法滞在不良支那人」の排外活動を行うことだと思ってます。
敵対国の不法入国者を徹底的に排外すること。違法な者の追放すること。

上記の本にも、支那人が大量出没しているいくつかの地域がでていました。
正直な感想としてヒドイ!状況です。

日本国内において様々な地域が支那人による無法治地帯と化しています。
今、そこにいる支那人がいつ豹変し襲いかかってくるかわかりません。

「不法滞在不良支那人追放!」
↓↓↓日本の入国管理局WEB  
GetOut_BadChinese.gif

【日中韓2000年の真実】(発行:扶桑社/著者:拳骨托史)を読んで②

takeshima.gif
最近李明博大統領が自分の過ち(日本領竹島への不法上陸・隣国の元首(天皇)に対する不適切な言動等)に、自国民に対して言い訳するかのように「日本に対して謝罪と賠償」を求めてきてます。
※今に始まったことでは無い、何かに連れて「謝罪と賠償」発言。

今【日中韓2000年の真実】を読んでいます。。。

本文より。。。

戦争責任という言葉を繰り返し使い、日本に「謝罪と賠償」を要求し続けている。
中国とはたしかに交戦状態にあったが、韓国については英ケンブリッジ大学の国際法学者が
「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものでなかった」
と述べている。
(中略)
もっと言うならば、韓国は戦争当時国家として存在しておらず、日本の領土の一つに過ぎない。韓国の訴えが認められるなら日本政府は日本人全員に対しても賠償を支払うべきであるということになってしまう。
もともと、1965年に日本と韓国が国交回復した日韓基本条約において、戦前の法的な問題はすべて片付いているのである。
*******************************

本来の戦後賠償は、講和条約において敗戦国(日本)が戦勝国(連合国)に対して支払う賠償金のことである。

韓国は、1945年(終戦)までは「日本」である。
韓国は、1910年の併合条約で朝鮮王朝、朝鮮政府の意思・合意に基づいて日本と併合された。
当時の朝鮮人は、日本で暮らせば参政権&被参政権を得ることができた。
その為、戦争時に多くの朝鮮人が大日本帝国議会の議席を得ている。

朝鮮人は、日本の士官学校に入学して、日本軍の士官になる事も許されている。
韓国の歴代大統領には、朴正煕・全斗煥・盧泰愚らも日本の士官学校を出ている。

さらに、【ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子】(発行/草思社 著者/赤羽 礼子)の中にも出てくる知覧を飛び立った特攻隊員の金山文隆(キム・ソンジェ)少尉。
彼は、祖国(韓国当時の朝鮮)に残した親・兄弟の為に特攻隊を選び、そして出撃している。
にも関わらず、終戦後、彼やその家族は親日派として韓国で非難され、残された親・兄弟達は大変厳しい環境に残されたそうだ。

結果的には、韓国は決して被害国ではなく日本と共に戦争をした加害者である。
にも拘らず、韓国は「日本の植民地だった」と偽り、責任逃れを続け、日本に対し「謝罪と賠償」を訴えてくる。
(ましては、日本と共に戦い命を無くした自国民(韓国人)を非国民としてまで・・・)

ちなみに、ドイツに僅か6年間、日韓併合のような正式な手続きではなく軍事進攻によって併合されていたオーストリアは、加害者であることを認め、近隣諸国の相手国に謝罪をした。

日本に正式な手続きを経て併合されていた韓国は、1円たりとも賠償していない。
日本の先人たちは、正式な手続きに則って戦後の責任を果たし現在の日本へと復興してきた。
そのことを踏みにじり現在の韓国は、歴史捏造し、声を張り上げて被害者を演じている。


【日中韓2000年の真実】(発行:扶桑社/著者:拳骨托史)を読んで①

rikosyugi.gif

今【日中韓2000年の真実】を読んでいます。。。

最近読んだ書誌の中で私的には、すっぽり嵌ってしまいました。
中身については今後少しづつ書きたいと思ってますが、この本の中で「蛍の光」の歌詞について書かれている部分がありました。

「蛍の光」の歌詞は4番まである。
皆さんはご存じでしたか?私は不覚にも知りませんでした。

皆さんご存じかと思います1・2番の歌詞は。。。
  蛍の光 窓の雪
  書読む月日 重ねつつ
  いつしか年も すぎの戸を
  開けてぞ今朝は 別れゆく

  とまるも行くも 限りとて
  互みに思う 千万の
  心のはしを ひとことに
  幸くとばかり 歌うなり

です。
そして、3・4番は。。。
  筑紫のきわみ 陸の奥
  海山遠く へだつとも
  その真心は へだてなく
  ひとえに尽くせ 国のため

  千島の奥も 沖縄も
  八洲のうちの まもりなり
  いたらん国に いさおしく
  つとめよわがせ つつがなく

そして意味は(ネットからの検索・転記)
  九州の果てであろうと東北の奥であろうと
  海や山が遠く隔てたとしても
  真心だけは場所に関係なく
  ひたすらに力を尽くせお国のために

  千島列島の奥も沖縄も
  日本の支配下にある
  日本の支配が届かない国には勇敢に
  「務め」をしてください我が夫(男)つつがなく

戦後GHQに無いものとされたそうです。

本書【日中韓2000年の真実】では、

国防というと右翼、平和主義というと左翼と、日本では反射的に決められがちだが、日本を守ってくれる第三者など架空の存在だ。
日本を守ってくれるのは、いつの時代であっても日本人自らでしかあり得ない。
****************************

また、別の項で

人はそれぞれの主義主張を持っている。それゆえ、親日だったり反日だったりするのはやむを得ない。しかし、それは日本を知ることを放棄しても構わないということではない。
****************************


日本人として、
「国旗を燃やされ」「国旗を踏みにじられ」「国旗に準じる海上自衛隊艦旗を悪の象徴のように言われ」「自国の領土を不法で占拠され」「戦中の管理売春国家と罵られ」そして今まさに自国の地を奪い取らんとして迫ってきている。
命を掛けて日本国を守ってくれた先人に対し、そしてこれからの日本に生きる子や孫たちの為にもに「本当の正しい日本(歴史)」を知り・学び・伝えていきたいと思っております。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。